FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

こんにちは、セリです。


私も生保業界に足を踏み込んでから、はや17年が経とうとしています。


某国内生保会社の社員として、東京・アキバで飛び込み営業からのスタートでした。


その時のお客様の断り文句は「他で入っているから保険はもういらないよ」と決まっていました。


皆さんも、しつこい勧誘をしてくる保険屋さんに、一度は使ったことがある言葉ではないでしょうか?


でも私も食い下がって聞くわけです。「どんな保険に入っているんですか?」と。


ここでの返事が「よく覚えていないけど、保険には入っているんだからもういらないよ」とこれまた決まっていました。不思議ですよね。


皆さんは、最近「服」を買われましたか?


デザインや色で服を選び、その服が自分の体に合っているか試着をして買われたことと思います。


Lサイズの体型の人は、Sサイズの服は選ばれないですよね。逆にSサイズの体型の人は、Lサイズの服は買わないですよね。(ダボっと着るのがお好みの方もいらっしゃると思いますが・・・)


自分の体にフィットしていない服は、いくらデザインや色が好みでも購入は諦めますよね。


でも、“保険”選びに関しては皆さん少々違うようです。


自分にフィットしているかどうかを確認しないで、セールスマンの言われるがままに購入をされてしまっている方が多いのが現状です。


保険は、自分が負えないリスクをヘッジするために加入をするものです。


それなのに、自分のリスクが判らないままに保険に加入してしまっていいのでしょうか?


家に次いで高い買い物と言われる、“保険”です。無駄な保険料を払っているとしたら勿体無い話です。保険も、しっかり試着しないといけないですね。


そこで皆さんが気軽に試着ができるシミュレーションを用意しました。ぜひ一度使ってみてください! http://lify.jp/contents/sim.php


また、服はボロボロになったり、小さくなったりしたら買い換える物です。


保険も同じです。保険は、なかなか目には見え難い商品ですが、数年ごとに見直す事も必要です。ご自身の状況の変化によって、必要な保険も大きく変わってきますので。


ぜひ、一度ライフィに相談してみてくださいね。http://lify.jp/contents/chat.php


「よく覚えていないけど、保険には入っているんだからもういらないよ」ではなくて、「自分にフィットした保険に入っているから安心なんだ!」と皆様に言って欲しい!!


ライフィのささやかな願いです。


 
スポンサーサイト



火災保険に地震保険を付けるかどうか、迷ったことはありませんか?


先日も、火災保険の契約をいただくときに、そのお客様から「地震保険を付けるべきかどうか?」聞かれました。


 皆さんはどのように考えますか?


 地震保険は火災保険の金額の50%が保険を掛けられる上限です。


つまり、3000万円の建物があったとしたら、1500万円までしか保険を掛けられません。


地震ではない火災で建物が全焼したとすると、3000万円の保険金が受け取れますので、建物だけを考えれば元通りに復旧することが出来ます。


ところが、地震で建物が全壊したとすると、1500万円では元通りの建物は建てられません。


保険料はといいますと、建物3000万円の火災保険の保険料と1500万円の地震保険の保険料は大体同じか、火災保険より高い場合もあります。


 いかがですか?


 この事実だけを見ると、地震保険に入る気がなくなりませんか?


 でも私の考えは、 地震保険には入るべき! です。



なぜだと思いますか?


それは少しでも多く保険料がいただきたいからです・・・


と言うのは冗談です!  本当に冗談です!



本当の考えを言います。


皆さんは阪神大震災を覚えていますか?


去る1/17日は阪神大震災が発生してから11年目の日でした。


阪神大震災の当時、このブログを書いている私は保険会社の査定担当として、3日目に神戸に入りました。


 まだ火災がおさまらないところも有り、自衛隊の方々が瓦礫の山をかき分けて救助に当たっていたり、とても悲惨な状況でした。


毎日のニュースで刻一刻と犠牲になられた方の数が増えていくにつれ、現地に入る前は他人事のような感覚もありましたが、間近で被害を見ていると事の重大に驚くとともに、重苦しい気持ちになっていったことが今でも思い出されます。


地震保険の話に戻りますが、当時、関西地区は地震保険の加入率が全国的にも低く、もともと地震が少なかったためと聞いていましたが、被害を受けた方からの問い合わせに対して、地震保険に入っていなかったために保険金のお支払をお断りせざるを得ないことが非常に多くありました。


地震で家が全壊した場合、元通りに復旧できないから地震保険など無駄だと思われる方はちょっと考えてみてください。


地震保険がなく、家が全壊したら、どこに住むことが出来るでしょうか?


避難所や仮設住宅が用意されても、その後には住むところはどうしますか?


当然ですが、そのためには まとまったお金が必要になりますよね?


地震保険に入っていなければ、保険から期待できる金額はゼロです。


火災保険では、地震による損害は補償されないことになっています。


地震による火災でも火災保険からは保険金を受け取れません。(地震火災費用保険金と言うのはありますが、最大でも保険金額の5%しかもらえません)


地震保険に入っていなければ、前より小さな家を建てることも難しいかもしれません。新たに住宅を借りるのもお金がかかります。家財道具も新たに用意しなければなりません。


そんなとき、元の建物の半分の大きさでも、必要最小限の家財道具でも、地震保険に入っていれば用意できるのです。


つまり、地震保険は、元の建物を建てるためではなく、必要な住まいを確保するための保険と言うことができます。


地震保険は住宅や家財道具にしか付けられないことを考えると、生活を取り戻すための保険だと言うことが分かりますよね?


ですから、保険金額が小さくても、保険料が高くても、地震が起こる可能性がある限り、地震保険には入るべきだと私は思います。


もちろん、保険はあくまでもリスクの回避の一手段ですから、貯蓄などで資金を用意しておくことが出来るのであれば、あえて保険である必要はありませんが・・・


というわけで、地震保険で迷ったら、本当に自分が被害にあったときのことを想像して、必要な資金を用意できるかどうかよく考えて判断してくださいね。


ではまた次回、お会いしましょう!


 

 

はじめまして!


私たちはLIFY(ライフィ)と申します。


ライフィとは、ライフ・アンド・ファミリーを縮めた造語です。


私たちは保険屋さんとして、皆様の人生設計や、万が一のときにご家族を守るためのお手伝いをさせていただいております。


このブログでは、保険のことをもっと知りたい!という皆様のために、様々な情報をこのブログを通じて発信していきたいと思っています。


保険の新しい商品のことや、皆様の健康に関することはもちろん、保険屋さんならではの裏話などもざっくばらんに書いていきたいと思います。


また、私たちと同じ保険屋さんの皆様にも役立つような情報などもどんどん載せていきますので、気軽に覗いてみてください。


 それでは、次回からの記事をお楽しみに!


 

 

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2007 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.