FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

日本興亜生命の保険料と規定の改定についての概要が発表されました。


保険料と規定の改定は2007年4月2日以降に実施されます。


・終身保険          約2%弱の引き下げ


・新収入保障保険     全般的には引き下がるが、


                  *標準体の年金月額15万円以上、


                  *優良体の契約などで引き上がるものも有り。


                  契約年齢、保険期間、年金支払満了日の範囲が変更。


・定期保険         *標準体は約10~20%引き下げ


                  *優良体は保険期間の長い契約で引き上げ傾向。


・確定年金         概ね同じ水準。


・終身年金           引き上げ


                  10年保証期間付終身年金逓増型は取扱い中止。


・医療保険          男性の60日型の一部を除き、引き下げ


・ガン保険            男性は引き上げ、女性は引き下げ


 


*標準体、優良体って?


 保険契約をする際に、タバコを吸っているかいないか、また、身長と体重のバランスと血圧の数値が一定の範囲内ならば保険料が安くなる場合があります。


くわしくは http://lify.jp/contents/insurance_point/p04.php へ。


 


その他、約款の改定と新設も予定されているものがあります。


・自殺の免責期間の見直し  


     責任開始期の属する日から2年以内→3年以内 へ改定。


・指定代理請求人特約の新設


     被保険者による保険金、給付金等の請求が特別な事情により困難な場合に被保険者に 


     代わって指定代理請求人が請求できる特約を新設。


・その他、給付金の請求に関する規定の新設や感染症の見直しが行われる予定です。


 


詳しい保険料等は3月19日以降にわかります。


 


日本興亜生命の商品はこちらへ


http://lify.jp/contents/search.php?i_cate=&company=27&l_cate=&mei=&s_cate=&nen=&Submit=%8C%9F%8D%F5


 

 
スポンサーサイト



 損保ジャパンひまわり生命の保険料が4月2日より改定される予定です。

保険種類

変更後の保険料水準

(40歳男性の場合)

設例等

終身保険

・連生終身保険

・特定疾病前払式終身保険

 4%程度くなります   60歳払込満了
・低解約返戻金型終身保険  2%程度くなります   60歳払込満了

定期保険

定期保険特約

・無解約返戻金定期保険

 10%程度くなります  60歳満了・標準体
・低解約返戻金型定期保険  5%程度くなります    98歳満了
・無解約返戻金型収入保障保険  8%程度くなります

 2年保証・平準払込方式

 60歳満了・標準体

・個人年金 (確定年金  変更前とほぼ同水準  
・個人年金 (終身年金  15%程度くなります  60歳年金支払開始

 

            *性別・年齢・保険期間によって変更の水準は異なります。

損保ジャパンひまわり生命の商品はこちらへhttp://lify.jp/contents/search.php?i_cate=&company=21&l_cate=&mei=&s_cate=&nen=&Submit=%8C%9F%8D%F5

 

保険料の改定以外に保障内容が変わる点もあります。

・死亡保険金等の支払いにおける自殺免責期間は2年以内から3年以内に変更

・手術給付金の支払対象となる手術については

  視力矯正を目的とした手術(一例としてレーシック手術)は支払対象から支払対象外に変更

レーシック手術と生命保険手術給付金について詳しく知りたい方はこちらへ

                          http://lify.jp/contents/health/h04.php

今回の改定により、改定以前の保険に加入されたい方は

3月31日までに申込、告知または診査、第一回の保険料の払い込みが完了している事が必要になります。充分にご注意下さい。

 

 

 

 

オリックス生命の2007年4月に改定される保険料の概要が発表されました。


定期保険の保険料は、一部の若年層を除いて引き下となります。


ただし、定期保険でも一部商品については保険料が引き上になりますので、ご注意下さい。


がん保険の保険料は、引き上げになります。


医療保険、特定疾病保険については今回の改定の対象にはならないそうです。(保険料は、現行通り)


また、販売停止になる商品もあるようです。


くわしくはhttp://www.orix.co.jp/ins/direct/about/oshirase/n070207.htmをご覧下さい。


話はかわりますが、みなさん『レーシック』をご存知でしょうか?


『レーシック』という視力矯正手術に「手術給付金が給付される(給付金の支払対象)医療保険」と「手術給付金が給付されない(給付金の支払対象外)医療保険」があるようです。


オリックス生命に限らず、2007年4月2日から販売停止になる商品のなかに、レーシックに対して手術給付金が給付される医療保険が入っている可能性もあります。


レーシック手術を検討している方、医療保険を検討している方は確認したほうが良さそうですね。


相談はLifyにお気軽にどうぞ!


※オリックス生命の商品一覧はこちらへ http://lify.jp/contents/search.php?i_cate=&company=24&l_cate=&mei=&s_cate=&nen=&Submit=%8C%9F%8D%F5

 

まいど!セリです。


今日は、とても悲しいことですが、Lifyがお客様のお役にたてたお話です。


先日、お客様が心筋梗塞でお亡くなりになられました。


在りし日のお姿を偲び、弊社社員一同、心からご冥福をお祈りいたします。


わずか41歳の若さでした…


支払われた保険金は1億円…


保険にご加入されてから、わずか3ヶ月後のことでした…


ご加入時には、医師の診査で「心電図検査」を行いましたが、何も異常はなかったのに…。


訃報の連絡をご遺族様から頂戴し、弊社が生命保険会社に死亡保険金請求の連絡をしながら、頭をよぎったことがありました。


保険会社の死亡調査(事実確認)が入るかも・・・


短期死亡(加入後、間もない死亡)や高額な保険金額の時には、保険会社は保険金支払に関して事実確認を行う場合があるからです。


http://lify.jp/contents/insurance_study/s09.php


実際、保険会社の事実確認がご遺族様に入ってしまいました。悲しみに浸っていたご遺族様には、大変なご迷惑をお掛けしてしまったことを、深くお詫び申し上げます。


その後、無事に保険会社から死亡保険金が支払われました。


その間、本当に 日々心がやきもきしておりましたが、無事に支払われて本当によかった…


確実に保険金が支払われるために、Lifyからのお願いです。


 保険加入の際に「健康状態の告知」がありますが、告知義務違反は絶対にしないでください。


残されたご遺族様に、確実に保険金を受取っていただくために。


保険を海外では『ラスト ラブレター』と呼ばれると聞いたことがあります。


直筆の「生命保険申込書」… ご家族に残せるラブレターなのかも知れません…


それではまた。


 


 

 

まいど!セリです。


 


2007年がスタートし1ヶ月が経過いたしましたが、皆様にとってどんなスタートとなりましたでしょうか?


 


年初というものは「目標」「抱負」が語られがちですが、皆様におかれましても何かしら胸に抱いているものと思います。


 


そんな時期なので、私が好きで、かつ皆様の多くの方々にとりましても親しみの持てるプロ野球から、目標設定にまつわる話をご紹介したいと思います。


 


プロ野球の世界はいつも記録についての話題にあふれています。


今年もいくつか期待されている記録がありますが、今年、私が注目しているのは、中日ドラゴンズの山本昌投手の通算200です。


 


なぜ注目に値するのか?それは以下の理由があります。


 


・年齢が41歳であり、プロ野球の世界では高齢の選手による記録達成であること



・ドラフト指名順位が5位であり(同年1位は藤王康晴選手)決して大きな期待を背負って入団した選手ではなかったこと



・入団当初から一軍登録があったわけではなく、1988年までの4年間は登板機会さえ殆どなかったこと



・タマが速いわけではなく、タマのキレやコントロール、投球技術(「タマを実速度より速く見せる」投げ方)で勝負する投手であること



・中日に在籍したことがある投手では初の名球会入りとなること


  


ところが・・・・


 


その山本昌投手が目標に掲げているのは、なんと「200勝ではない」との話があります。


 


では、一体何を目標としているのでしょうか?


 


それは「50歳まで現役を続けること」「チームの日本一」だとの報道が一部でされています。


 


前者は"長期的目標”、後者は"今年の目標”と言えましょう。


では200勝は?」と聞きたくなりますが、山本昌投手はあと9勝で200勝に到達します。


 


つまり、これらの二つの目標を掲げ、達成した場合は通算200勝は必然的に達成できることが予測できるので、えて意識しないようにしているのではという見方ができます


 


つまり「200勝は通過点」ということを地で行っているわけです。


 


「あと9勝」。


 


長年ローテーションを守ってきた投手からすれば、決して高い目標ないかもしれません


しかし、年齢的には困難な数字とも考えれます。


そういう目標に対する考えのブレを生じさせないために、敢えて目先を変えた目標を掲げたのではないかと、私は考えます。


 


また、「長い期間現役でいる努力」や「チームの勝利を個人の記録よりも優先している姿勢は、ドラゴンズファンならずとも好感の持てるところと言えましょう。


 


 プロ野球に興味がない方も、今年は中日ドラゴンズ山本昌投手に注目です。


 


というわけで、皆様、今日も一日頑張りましょう!


 

昨日の続きです。


4月から保険料が改定されるのは、終身保険・定期保険・養老保険・個人年金保険です。終身保険は全年齢で引き下がり定期保険・養老保険については一部若年層を除いて引き下がります。個人年金は終身年金の保険料が引き上げになります。


昨日ご紹介した医療保険<EVER>の保険料改定は2007年9月から始まります。


他に9月に改定されるのは、がん保険・介護保険となっています。医療保険<EVER>の保険料は男女同一になります。がん保険も男女同一の保険料となり、引き上げとなります。介護保険引き上げになります。


詳しくは http://www.aflac.co.jp/news_pdf/2007020100.pdf をご覧下さい。


4月に加入した方が有利になるのか、9月を待って加入した方が良いのか、性別や年齢によって変わってきます。また、保険会社によっても保険料改定する商品が違ってきますので注意が必要です。


まだ、時間があるのでゆっくり考えたいところですが、考慮中に病気になったり、誕生日がきて契約年齢が上ってしまっては希望どおりの保険に加入できないかもしれません。のんびりと構えていられないですね。


また、生命保険の契約成立は、申込書・診査あるいは告知・保険料の領収の3つが揃った日からになります。


熟慮して決めた保険がたった1つのものが揃わずに成立しなかったら、せっかくの苦労も水の泡になってしまいます。悲しいですよね。


相談したい事があったら http://lify.jp/contents/chat.php までお気軽にどうぞ。


アフラック以外の会社の保険料改定についても分かり次第、アップしますね。


 ※アフラックの商品一覧はこちらへhttp://lify.jp/contents/search.php?i_cate=&company=20&l_cate=&mei=&s_cate=&nen=&Submit=%8C%9F%8D%F5


 

 

アヒルと宮崎あおいさんのCMが人気のアフラックの医療保険<EVER>から、2月15日に新商品が発売されます。


 従来の<EVER>の保険料は終身にわたって払い込むタイプでした。


今回発売される<EVER払済タイプ>は、60歳または65歳に保険料の払い込みを終了するものです。


従来の<EVER>よりも毎月の保険料は高くなりますが、『仕事をしているうちに保険料の支払いを終了させたい。』 『老後の負担を少しでも減らしたい。』というお客様にマッチした商品といえます。


ただ、気をつけないといけないのが契約年齢。


従来の<EVER>の保険料は、80歳の方まで加入できましたが、<EVER払済タイプ>は、60歳払込満了のタイプだと55歳までの方、65歳払込満了のタイプは60歳までの方の加入となっています。


 詳しくはここをご覧になってみて下さい。


 ところで、<EVER>ってどんな医療保険?と思っている方もいらっしゃるでしょう。簡単にまとめてみましょう。      


病気で入院した時、一生涯の入院給付金が保障される   


ケガで入院した時、90歳までの入院給付金が保障される      


   (病気、ケガとも1回の入院につき1日目から60日まで。通算1000日まで保障)   


病気やケガで手術した時、手術給付金が一生涯保障される      


   (一部の手術を除き、回数は無制限)


<EVER払済タイプ>も保障内容は同じです。


 また、いろいろな特約が付けられるのも<EVER>の特徴です。


例えば、 60日の入院では心配・・・通院の保障も必要 とお考えの方には    


    ☆長期入院&通院特約


 


女性特有の疾病になったら上乗せで保障がほしい という方には    


    ☆女性疾病特約


 


死亡保障もほしい という方には    


    終身特約    定期特約


 


入院、手術給付金をもっと充実させたい、介護状態になった時に一時金がほしい という方には         


    ☆充実医療&介護特約


 


詳しい資料はライフィのHPからも請求できますのでご利用下さいね。 http://lify.jp/contents/insurance/01/index.php


ただ、保険料については2007年4月に予定死亡利率が改定されますので、4月以降には変動する事が予想されます。


明日は、その事について書いてみたいと思います。 では、また、明日お会いしましょう。


 

 

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2007 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.