FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

まいど。セリです!


春の陽気は気持ちいいなと思っていたら、最近みょ~に寒いですね。スーツの衣替えが少々早かったと後悔をしている今日この頃です。


さて、先週「保険金不払い」についてコメントしましたが、皆さんはどんなお考えをお持ちになりましたか?


今日は、皆さんのご期待にお応えするべく、生命保険各社の「保険金の不払い状況」を一覧にしてみました。


生命保険協会に加盟している38社のホームページを1件1件チェックして以外に大変でした(☆。☆) 皆さん見て下さいね!


http://lify.jp/pdf/hubarai.pdf


 皆さんがご加入されている保険会社は、どのくらい「保険金不払い」がありましたか?


しかし、「保険金不払い」に関しては、保険会社の代理店への対応も大きく異なっていました。


プレスリリース前に代理店担当者から電話で報告いただいた会社もあれば、FAXで文書だけ送ってくる会社、FAXすら送ってこない会社もありました。


「保険金不払い」は保険会社の本社セクションが対処することであって、営業現場にはあんまり関係のないことといった空気も感じとれます。


ある保険会社は、今春の新卒社員の初任給をアップしたことを公表していましたが、自社社員の給与アップをするなんて可笑しな話です。「保険金不払い」の責任で、社員給与をカットするのが筋だと私は思うのですが・・・


話は変わりますが、私は過去にポリープ手術で給付金請求を2社にしたことがあります。


電話で「給付金請求の書類を送ってください」と依頼したのですが、1社には「郵送はできません。地区担当者に持参させます」と言われ、何度も郵送対応を交渉したのですが結局ダメでした。


結果、地区担当者が書類を持ってきたのが2週間後。給付金を受取ったのは1ヶ月を過ぎてしまいました。スズメの涙ほどの"支払い遅延利息”がプラスされていましたが・・・


ちなみにもう1社は、10日ほどで給付金を受取ることができました。同じ保険会社なのに、大きな差です。


この話と「保険金不払い」に共通するところは、保険会社が「お客様へのサービスとは何か?」を本気で考えなくてはいけないことです。


今後の保険会社各社の対応に期待しましょう!


では、また。


保険関連ニュースはこちらへhttp://www.lify.jp/contents/topics_summary.php?topics_mode=on


 

 
スポンサーサイト



まいど!セリです。


東京では花見のシーズンもそろそろ終わりです。お恥ずかしながら、私は2週連続で週末に桜の樹の下でお酒を飲んでおりました… 皆さんのお住まいの場所はいかがですか?


今日は、ピカピカのランドセルを背負った"ピカピカの小学1年生♪”が、お父さん・お母さんに手を引かれ入学式に向かう姿を、新鮮な気持ちで見ながら出社しました。(いったい私は何時に出社しているのでしょうか??)


さて、私も保険業界で仕事をして17年になりますが、こんなに保険業界が毎日のようにテレビや新聞で取り上げられるのは初めてのことではないでしょうか。


LifyのホームページのTOPICSにも日々掲載しておりますが、最近の記事のほとんどは『保険金の不払い』についてです。


保険金の不払い確定件数を4月13日までに金融庁に報告しなくてはいけないのに、最終的な調査終了時期が5~6月になってしまう保険会社もあるようです。数千人の職員(社員)を投入して調査をしている保険会社もあるのに「なぜ??」といった感じです。


保険会社の説明が不十分で、契約者が支払いを請求しなかった「未請求」と呼ばれる不払いを調査しなくてはいけないこと自体が、本当におかしな話ですよね。


では、なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか。私の独り言を書きます。


①お客様を「保険契約者」と呼ぶ保険業界の体質がおかしいのでは??


②「ご契約のしおり・約款」の内容がわかりにくく、ほとんどの方が読んでいない!!


「ご契約のしおり・約款」を見ると、保険契約者は"生命保険会社と保険契約を結び、契約上のいろいろな権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料の支払義務)を持つ人”とあります。


"義務”という文字が妙に気になります。保険会社からしてみれば、私たちは保険料の支払義務を持つ人であって、「お客様」ではない感じがしませんか。


私たちが保険会社に支払う保険料で、保険会社の経営は成り立っているはずなのに「お客様のために誠心誠意を尽くす」といった企業姿勢が希薄なように感じられます。


その姿勢が「ご契約のしおり・約款」の理解しにくい内容にも表れていると思います。


「ご契約のしおり・約款」の表紙には、"この冊子は、ご契約にともなう大切なことがらを記載した物です。後ほどお送りする保険証券とともに大切に保存し、ご活用下さい。”とあります。


「ご契約のしおり・約款」は"保存”するもので、"読む”ものではないと言われている感じがしてしまうのは私だけでしょうか?


電化製品の「取扱い説明書」は、図解入りで非常に理解しやすい内容になっています。保険は目に見えないものだけに、お客様にわかりやすい「ご契約のしおり・約款」を保険会社には作っていただく必要があると私は考えます。


大切なお金(保険料)を支払っている、「お客様」の保険金請求漏れを完全になくすために!!


ふう…。内容が、少々怒りモードになってしまってゴメンなさい。


でも、13日以降に保険会社の保険金不払い状況が一斉にプレス発表されるはずです。


どの保険会社が、どれ位の保険金不払い件数があったのか注目してみたいと思います。


もちろん、その後の「お客様」に対する保険会社の対応も注目してみましょう!


では、また。


保険関連ニュースはコチラへ http://www.lify.jp/contents/topics_summary.php?topics_mode=on


 

 

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2007 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.