FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
まいど、セリです。

とっても気持ちよさそうに鯉が泳いでいま~す。

20090430095851

この場所では、大小さまざまな鯉のぼりが何列にも渡って川&空を泳いでるんです。

5月5日は、こどもの日。
そういえば、まだ五月人形を飾っていないなぁ。

飾るのが遅いと、お婿に行くのが遅くなるんでしたっけ??
しまうのが遅いとでしたっけ?
あれ、ひな人形の話でしたっけ??

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
スポンサーサイト
まいど、セリです。

冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、テレビ、ガスコンロ、掃除機、照明、布団、マットレスetc…
生活をするのに必要な商品って、なんて多いのでしょうか。

小物も揃えると大変な量になっちゃいそうです。

また、日々の新聞広告で価格調査したり、アウトレットの店で買ったりと安く済ますことを心がけていますが、大変な出費になっちゃいそうです。

ふう…。 カードの請求が恐ろしいです。

今日の夕方は、大学のゼミの同級生と会ってきます。
2年ぶりの再会。 とっても楽しみです。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

今日、引越し業者が2社、自宅に料金見積りに来ました。

両社ともこんど勤務する会社が手配した業者で、引越し料金は会社もちなので、
しっかり料金を競わせるんですね。 流石です。

昔、保険会社で転勤のときは、引越し業者は1社指定でしたが、1社独占だと
とっても料金が高そうですよね。

しかし、日に日に引越しの荷物が増えていきます。
引越し当日には、荷物がすごい量になってるんだろうな…。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

昨日は、京都日帰りで住まいの物件内覧に行ってきました。
5物件まわらせていただいて、最終2物件に絞りました。

不動産屋さんにお願いをして、駅から物件まで歩いて、周辺に何があるかも
しっかりチェックしました。
スーパーにコンビニに弁当屋に薬局・酒屋・病院etc…。

物件は一長一短でホント悩みましたが、しっかり決めてきました。
南向きの見晴らしがいい物件にしちゃいました。

今日は一人暮らし道具を見に行ってきましたが、何から何まで買い込まなくては
いけないので、お金は飛んでいきそうです…。

でも、単身赴任しっかりできるのかな??
期待と不安が混ざった気持ちです。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

退職に伴い、全国健康保険協会管掌健康保険(旧政府管掌健康保険制度)から
国民健康保険に変更をしてビ・ッ・ク・リです。

な・な・なんと、家族4人の月の保険料が約1万5千円も高くなってしまいましたぁ。

会社負担があるとないのとでは、ここまで負担額が違ってくるものなのか…。
恐れ入りましたぁ。

はやく5月になって国民健康保険からおさらばしたいです…。
退職してからというもの、出費が多くてホント大変なので。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

東京海上日動火災保険などの一部の損害保険会社が、6月以降に自動車保険の保険料を値上げします。

東京海上が7月に平均3.0%の保険料値上げ、ニッセイ同和損害保険が6月に平均2.6%を予定しているようです。

新車販売の低迷で保険料収入が減少しているためですが、東京海上は昨年も平均1.5%の保険料値上げをしており、2年連続の値上げになります。
 
このご時世で消費者の節約志向が強いのに、2年連続で保険料を値上げして大丈夫なのでしょうか?
増益を確保するはずが、契約者の賛同を得れずに減益になってしまうことも想定できます。

なしせ自動車保険は、1年更新の時期に他の損害保険会社に契約を移し変えることができるので、インターネットで保険料が安く契約できる損害保険会社に契約者が更に流れそうですね。

保険会社も、不景気には時代に逆行して保険料を上げざるを得ないのが辛いところですが、何とか現状の保険料を維持してもらいたいです。

なにせ保険会社は、人件費等をコストカットする余地はたくさん残っているはずですから…。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

プロフィールにも記載しましたが、5月11日から京都の保険代理店で仕事をすることになりました。
昨年9月~12月上旬までコンサルティングをさせていただいた会社に転職をします。
気心知れた方もたくさんいるので、早くバリバリ仕事をしたいです。

とは言え、私の今の住まいは千葉。
京都の住まいを探さなくてはいけません。

昨年京都に行ってたときは期限付きの勤務だったので、とりあえずマンスリーマンションを借りていましたが、今回はそうはいけません。
長く住む場所なので、真剣に探そうと思います。

ということで勤務先から不動産屋さんも紹介いただき、24日に物件内覧に行ってくるつもりです。

ある方からは「部屋の向きはこだわった方がいい」とのアドバイスをいただきました。
「北向きは、NG。京都の冬は辛く寒い。西は、夏が暑い。南向きを探してもらいましょう」とのことですが、インターネットで調べてみると南向きの物件は少なそうですね。

でも、とにかく物件を見ないことには始まらないので、24日は朝から夕方まで物件を見まくろうと思っています。周辺の環境もよ~く観ながら。

いい住まいを探すぞぉ! もちろん限られた予算内ですがぁ…。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

昨日は、妻と「おっぱいバレー」を観てきました!
ネーミングに妙にひかれていましたが、とっても面白かったです。
懐メロもよかったなぁ。

でも映画が終わってからというもの、ついつい女性の胸元に目がいってしまうのは
私の気のせいでしょうか??

男のサガなのでしょうか…。

しかし、平日の映画館は空いていて、ゆっくり観れていいですね。
充電中にもう一回は映画を観たいなぁ。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

財団法人 日本漢字能力検定協会(漢検協)の前理事長が1年半前、実際には退職していないのに、退職金として協会から5300万円を受け取っていたそうです。

ちなみに私は、3年間頑張った役員退任(退職)時に退職金を1円も受取れなかったのに、雲泥の差です。
ありえない話ですが、羨ましい話でもあります…。

漢検協は、前理事長が協会名義のクレジットカードを私的に使用していたり、立て続けに不祥事が明らかになっていますね。

息子の高校受験時に詳しくなったのですが、「漢検」「英検」「数検」の一定レベルの級に合格をしていると、受験時に優遇される私立の高校もありました。

そのために、中学時代に「漢検」を受験する生徒も多いようです。
私の息子も受験していました。

子供達の受験料も含め、07年度の漢検協の利益は7億円を超えていたとのこと。

漢字の知識を広める上で、漢検という試験自体は大きな役割を果たしているはずです。
検定料を下げるのは当然のことながら、運営も透明化して、公益法人の原点に立ち返って欲しいと思います。

しかし、この不景気に漢検協の金儲けの話を聞くと、馬鹿馬鹿しくなってしまうのは私だけでしょうか?? 本当にアホらし…。

では、また ヾ(^_^) byebye!!



 
まいどセリです。

昨日は、中学2年生の娘の授業参観に行ってきました。

授業は、「技術」。
男女揃って授業を受けていました。

「あれ?」と感じた方はいらっしゃいませんか?

確か私が中学生のときは、男子は「技術」で女子は「家庭科」で
別々の授業だった気がするのですが…。

あれから約30年。時間は流れていくものですね…。
時代を感じてしまうオヤジでした。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

事業売却がなかなか進まなかったAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)。

米国では、AIG傘下の米自動車保険部門「21stセンチュリー・インシュアランス」をスイスのチューリッヒ・フィナンシャル・サービシズ(ZFG)に売却することで合意したようです。

ちなみに、日本での生命保険事業売却の話はどうなっているのでしょうか。
最近全くといっていいほど噂を聞きません。

今年の2月6日にAIGグループの某生保会社の社員に「どうやら、弊社単独で買い手が見つかったようですよ。買い手がどこになったかは、まだ社内でも一切公表されていませんが…」とのお話を聞いたのですが、2ヶ月経っても正式発表がないということは、買い手候補が手を引いてしまったと思われます。

先日、用があってAIGの生命保険部門、アリコジャパン・AIGスター生命・AIGエジソン生命の本社機構が入居している、東京・錦糸町にあるオリナスタワーに行ってきました。

ビルに入場するのには、写真付身分証明(自動車免許証等)を提示して、カードを2枚受け取ります。
1枚はエレベーター用カードで、そのカードをエレベーター内の読み取り口にかざさないと、自分が下りる階のボタンが押せない仕組みになっています。

そして、フロア内も観させていただきましたが「さすが外資系企業!」といった感じです。
一人一人のスペースがパーテーションで区切られており、しかも一人一人のスペースが広い。
私が昔勤務していた保険会社よりも、遥かに立派なオフィスでした…。

でも、この立派なオフィスを維持するのに米国の公的資金が使われているかと思うと、複雑な気持ちで一杯でした。

3月31日にAIG生保3社は資本の増強を行っています。

①アリコジャパン
 アリコ米国本店からの持込資本金の追加受入 294億円
 (本年度の追加受入総額は2,193億円)

②AIGスター生命
 米国AIG本社(AIG, Inc.)の100%子会社であり、AIGスター生命の直接的な株主であるAIGライフ・ホールディングス(インターナショナル)LLCより調達している永久劣後ローン300億円を株式化

③AIGエジソン生命
 AIG ファイナンシャル・アシュアランス・ジャパン株式会社より調達している劣後ローン225 億円を株式化。同社に対する優先株式の第三者割当により実施。

AIG生保部門売却が遅れれば、更に追加での資本増強が近い将来必要になるはずです。
また、顧客離れに歯止めがかからない気もします。

一日も早い、株主の変更を期待したいと思います。

では、良い週末を ヾ(^_^) byebye!!


 
まいど、セリです。

米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)は、傘下の米自動車保険部門「21stセンチュリー・インシュアランス」を19億ドルでスイスのチューリッヒ・フィナンシャル・サービシズ(ZFG)に売却することで合意したようです。

AIGは、昨年9月から、最大1700億ドル(約17兆円)規模の政府支援を受けたために、資産売却による公的資金の返済を進めていますが、今回は、これまでで最大の売却案件となっています。

以下、アメリカン・インターナショナル・グループのプレスリリースをご確認ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                                 2009/4/17

※米国本社で発表されたリリースの参考和訳です。

21stセンチュリー・インシュアランスのチューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ・グループへの売却合意について

ニューヨーク発、2009年4月16日――AIGとチューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ・グループ(チューリッヒ)はAIGの全額出資子会社で米国内で個人向け自動車保険事業を行っている21stセンチュリー・インシュアランス・グループを、チューリッヒの子会社であるファーマーズ・グループ・インク(FGI)に売却することに、本日合意しました。取引の条件として、FGIがAIGに対して、19億ドルを支払い、その内訳は、現金で15億ドルとチューリッヒの主要事業部門であるチューリッヒ・インシュアランス社により裏書された額面金額4億ドルのユーロ建て劣後債となります。FGIは21stセンチュリーの1億ドルの負債も引継ぎます。この取引の成立には、監督当局による承認を含む特定の条件を満たすことが必要となります。

21stセンチュリーは、デラウェア州ウィルミントンに本拠を置き、その事業には、かつてのAIGダイレクトビジネスとエージェンシー・オートビジネスが含まれます。同社は米国内49の州とワシントンDCで営業しています。2008年の21stセンチュリーの総収入保険料は36億ドルで、その内訳は通信販売が27億ドル、独立系代理店販売が9億ドルとなっています。

なお、今回の売却には、富裕層を対象にした損害保険商品の提供をするAIGのプライベート・クライアント・グループは含まれていません。

AIG会長兼CEOであるエドワード・リディ氏は次のように述べています。「このような市場環境で20億ドル規模の売却が合意に達したことを非常に嬉しく思います。」「さらに、我々は他の案件についても話し合いを重ねており、前進しています。我々は、引き続き全AIGビジネスの強みを最大に引き出せるよう、検討をしていきます。」

21stセンチュリーの社長兼CEOであるアンソニー・J・デサンティスは次のように述べています。「21stセンチュリーとファーマーズはともに堅固な企業であり、契約者に対して優れたサービスと個々の状況に即した保障を提供しています。これは素晴らしい組み合わせであり、我々の顧客に一貫したサービスを提供できるよう、円滑な統合を楽しみにしています。」

この取引において、AIGに対し、バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズLLCはファイナンシャル・アドバイザーを、シドリー・オースチンLLPが法的顧問を担当しました。また、ブラックストーン・アドバイザリー・サービシズはAIGに対し、AIGの世界的な再編プログラムの一環として財務的アドバイスを行いました。

注)AIGは2007年に21stセンチュリー・インシュアランスを完全子会社化しました。同社を含む米国内の個人向け損害保険事業の売却については、昨年10月にAIGが再編計画を発表した際に含まれていたもので、今回の発表はその計画に基づくものであり、日本国内での自動車保険事業に影響が及ぶものではありません。
 
まいど、セリです。

アクサジャパンホールディングは、傘下の生保子会社2社を合併させ、国内生保事業を一本化すると発表しました。
2009年中に、傘下のアクサ生命保険がアクサフィナンシャル生命保険を吸収合併するようです。

アクサ フィナンシャル生命は、2008 年1月1日付でウインタートウル・スイス生命から社名変更をしていますが、丸2年で社名が消えてしまうのは寂しい気がします。

以下、アクサジャパンホールディングのプレスリリース記事をご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                                 Press Release
                                               2009 年4 月13 日
                                         アクサ生命保険株式会社
                                 アクサ フィナンシャル生命保険株式会社

              アクサ生命とアクサ フィナンシャル生命の合併について

アクサ生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO マーク・ピアソン、以下「アクサ生命」)とアクサ フィナンシャル生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 藤田哲也、以下「アクサ フィナンシャル生命」)は、当局の認可を前提として合併することを決定しましたので、お知らせします。

この合併は、お客さまにご提供する商品やサービスの幅を広げ、お客さまや販売パートナーの利便性を大きく向上し、同時により一層事業の効率性を高め、資本管理を強化することを目的としています。

合併に際して、両社のご契約者の契約条件等に一切変更はありません。なお合併後の存続会社はアクサ生命となります。

この合併により、アクサ生命の業容は以下のとおりとなります。
-保険料等収入:7,655 億円*
-総資産:4 兆7,498 億円**
-従業員数:8,079 人**
* 2007 年度業績の2 社合算
** 2008 年度第3 四半期末の2 社合算

両社の親会社であるアクサ ジャパン ホールディング株式会社の代表取締役社長兼CEO マーク・ピアソンは、次のようにコメントしています。「企業構造をシンプルにすることによって、お客さまの利便性向上を図るとともに、財務基盤を一層強固なものとすることができる。この合併によって、お客さまに対する長期的なコミットメントを確実なものとし、日本におけるアクサのビジネスの主要な柱の一つである金融機関を通じた保険の窓販市場におけるプレゼンスの拡大を目指していく。」

AXA グループについて
AXA グループは、フィナンシャル・プロテクション分野で世界をリードするグローバル企業です。ヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域を中心に、世界各国で事業を展開しています。AXA はパリ証券取引所に株式を上場、ニューヨーク証券取引所には米国預託株式(ADS)を上場しています。詳細はwww.axa.comをご参照ください。

~本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします~
アクサ ジャパン ホールディング株式会社 広報部
電話:03-6737-7140 FAX:03-6737-5964
ホームページアドレス http://www.axa.co.jp

 
まいど、セリです。

かんぽ生命保険は13日、旧日本郵政公社時代の簡易生命保険の保険金不払いや請求漏れ問題で、不払いなどが判明した契約については原則5年の保険金請求権の時効が過ぎていても、支払い対象とする方針を発表しました。

保険金請求権(保険金を請求できる権利)に時効があったことを、初めて知られた方もいらっしゃるかもしれません。

時効が5年と聞いて、短いと思われますか? 長いと思われますか?

実は、かんぽ生命保険の5年は長いんです。

生命保険会社の約款では通常、「保険金請求権は、支払の事由が発生した日の翌日から起算して3年を経過したときは時効(保険金請求権の時効)により消滅します」と記載されています。

「3年を経過してもお客様から請求があった場合は支払う」と内規で定めている保険会社もあるようですが、内規はいつでも保険会社の都合により変更ができます。

そのために、約款に記載されている期間(3年)以内に、早めに手続きをしてくださいね。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、せりです。

13日の会見でかんぽ生命は、簡易保険の保険金不払い調査費用300億円の出所について「保険事業費として旧契約分の利益、配当に影響する。お返しする分にも影響する」と発表しました。

なんと会見で明らかになったのは、300億円に上る調査費用が、契約者に還元されるべき配当原資から支払われるという事実でした…。

契約者に分配されるはずだった配当金の権利を、契約者の承諾も得ずに奪ってしまっていいのでしょうか?

かんぽ生命保険は、自らの不手際を契約者に押し付けた形となっています。
契約者には、解せない対応ではないでしょうか。

また、かんぽ生命保険は「混乱がないように」と現時点で契約者からの個別の問い合わせには応じないようですが、契約者の問い合わせ先は以下の通りです。

■ かんぽコールセンター
   フリーダイヤル: 0120-552-950
   平日:午前9時~午後9時、土日祝日:午前9時~午後5時

なお、幾つかの保険金不払い事例について公表されていますので参考までにご確認下さい。

【ミスによる不払いの主な事例】

・がんの根治手術を受けたのに、誤って一部を取り除く手術と判断され、本来40万円支払われるはずが20万円しか支払われなかった。

・入院中に手術を受けたのに、確認が不十分で手術保険金が支給されなかった。

・入院証明書に記載された「19日」が「17日」と誤読され、入院保険金が17日分しか支払われなかった。

【未請求による不払いの主な事例】

・養老保険が満期を迎えたのに加入者が請求を忘れ、250万円の満期保険金が受け取れなかった。

・養老保険の加入者が毎月の保険料の支払いを忘れて保険が失効した後、失効還付金50万円が支払われる通知をもらったが請求しなかった。


では、また。
 
まいど、セリです。

かんぽ生命保険は、旧日本郵政公社の簡易生命保険契約の不払い問題で、不払い解消のための調査費用が約300億円に上るとの見通しを明らかにしました。
な・ん・と、300億円です…。

過去に同じような問題が起きた民間の生命保険会社の不払い調査費用は最大で1社当たり100億円程度で、民間の生命保険会社を大きく上回っています。

しかも300億円はあくまで事務経費で、支払い保険金額は含んでいないとのこと…。
未払いの保険金額を含めるといったいくらになるのでしょうか??

契約者から預かっている大切な保険料の中から捻出される調査費。
300億円の余分な経費をつぎ込んでも経営が成り立つということは、保険料を取りすぎ(高すぎる保険料)と言われても仕方がないかもしれません。

反面、調査費用には、データの点検を行う派遣社員の人件費が含まれる様で、雇用の創出にはなるのかも知れませんが…。

国が経営する保険会社として絶大なる信頼を勝ち得ていた「(旧)日本郵政公社の簡易生命保険」。
倒産(破綻)しない保険会社の筆頭として挙げられていました。

しかし、民営化後に80万件とも言われる簡易保険の保険金不払い。
かんぽ生命保険の信頼回復には、時間がかかるかもしれません…。

では、また ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

4月6日(月)から15日(水)まで、交通安全週間だってご存知ですか?

昨日、車で買い物に向かう途中に、一時停止無視とのことで、切符切られてしまいました。
2点減点の罰金7,000円…。

「ブレーキを踏んだ!」と強く主張したのですが、「車が完全に止まっていない」との一点張りで二人の警察官にまるめ込まれ(?)ました…。

さらに、粘っているときに警察官1人が納得のいかない一言を…
「交通安全週間でなければ捕まえていないんだけどね。私たちも仕事なので」
超・悔し~い!

交通安全週間って、交通事故撲滅運動ではなくて、切符切り運動のような気がして仕方ありません。

皆さんは、どう思われますか?

死守してきたGold免許もついにOut!
残念です…

皆様も、警察の取締りには十分ご注意下さい!!

では、また  ヾ(^_^) byebye!!
 
まいど、セリです。

契約件数が国内最多のかんぽ生命保険で、旧日本郵政公社時代の簡易保険の保険金不払いが最大80万件に達する可能性があるとのことです。

かんぽ生命保険は、7月までに実態調査を終えて、加入者に保険金の支払を請求するように促す通知を行います。

でも、何でいまさら「保険金不払い」が騒がれるのでしょうか?
民間の保険会社では、2005年2月から「保険金不払い」が相次いで発覚して、社会問題となりました。

旧日本郵政公社が「保険金不払い」の調査を始めたのは民間より約2年遅れの2007年5月から。
その後、今回の発表までに丸2年を費やしています。

あまりの対応の遅さは、旧国営企業のお役所的な感覚なのでしょうか…。

しかし、かんぽの宿の売却など、日本郵政グループはイメージが良くないですね。

個人的にも、「本人限定郵便」で私宛郵送されたクレジットカードが、ゆうゆう窓口で第三者に渡してしまっていました。
その後、クレジットカードが入った封筒は開封された状態で、私の手元に戻ってきました…。

家族でも受取れない「本人限定郵便」がなぜ第三者の手に渡るのか。
ゆうゆう窓口で「本人限定郵便」受け取りの際には、運転免許証等のコピーをとって本人確認をするはずなのに、なぜ第三者の手に渡ってしまったのかが判りません。

個人情報保護に関しての正式な謝罪もなく、あきれかえっています。
日本郵便、許せないです…。

思い出すたびに熱くなってしまってスミマセン…。

では、よい週末を ヾ(^_^) byebye!!

 
まいど、セリです。

本日(4月10日)読売新聞に気になる記事が載っていました。
またもや、保険会社の売却話か…といったところです。

「ING資産売却 最大1兆円規模 日本事業も対象」
(以下、記事抜粋)
日本や中国で展開する生命保険事業も見直し対象としており、日本の現地法人アイエヌジー生命保険が売却される可能性がでてきた。

この報道に対し、アイエヌジー生命がプレスリリースを行っておりますので、以下ご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                               2009年4月10日
お客さま各位
                                      アイエヌジー生命保険株式会社 

  
                   INGグループの戦略発表について


2009年4月9日(オランダ現地時間)にINGグループより、経営戦略についてのプレスリリースが配信されました。それを受けて、一部の報道で「INGが10~15部門を事業売却」、「中国と日本の生保事業を見直している」などの記述がありました。

INGグループは、リスク軽減とシンプル化によってより強固な経営を目指す戦略的な検討を実施しており、日本を含む全てのビジネスにおきまして今後の方向性について再評価を行っております。再評価では、(1) 市場でリーダー的な位置にあるか、(2) INGグループの事業との一貫性、(3) 資本の強さ、(4) 収益性、(5) 資金調達の必要性と収入への貢献、(6) 変動性、という6つの指標をもとに検討が行われます。今回のビジネスの再評価は市場環境などを精査し慎重に時間をかけて行われます。

アイエヌジー生命保険株式会社の経営基盤は健全で、2008年には3度にわたりINGグループから計400億円の増資を受けております。今回の再評価はグループ全体の経営戦略に基づくものであり、弊社の経営状態への懸念によるものではありません。

この再評価によって、お客さまの保険契約の保障内容等に変更が生じることはございません。

今後も引き続き、アイエヌジー生命をご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。



                     本件のお問い合わせ先
                       アイエヌジー生命
                  サービスセンター 0120-521-513
                     受付時間 9:00~17:00

 
まいど、セリです。

今日も天気が良かったですね~。
ぽかぽか陽気に誘われて、潮干狩りに出かけました♪

足には長靴、片手に熊手+バケツ。

今日の潮干狩りポイントは、我が家の傍を流れる川の下流です。

川沿いは遊歩道になっており、桜もとっても綺麗です。

20090410134254

遊歩道を降りると、このように潮干狩り場があります。

20090410134249

今日は2時間ほどでこの成果で~す。大漁!大漁!

20090410134251

写真では判りにくいですが、久々に大物のアサリばかりで感激でしたぁ。
また行こっと♪

みなさんもこの週末は、ぜひリフレッシュをされてみてはいかがでしょうか?
では、また ヾ(^_^) byebye!!



 
まいど、セリです。

今日はいい天気でしたね~♪
友人家族を誘って、近所の公園で花見を楽しんできましたぁ。

先週の天気予報では、今日は雨の予報だったので花見を諦めていたのですが…。
予報が外れてくれてラッキーといったところです。

20090405222918


まさに、満開!でした。

明後日は、長男の入学式。
入学式も、桜が祝ってくれそうです。

春は、別れ&出会いの季節。
これから、どんな素晴しい出会いが待っているのでしょうか??

では、また!

 

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2009 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。