FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
まいど、セリです。

今回帰省中の貴重な体験。それは、計画停電と首都高速道路っす。

計画停電は、2回経験しました。

昼の時間帯の停電は、特段のストレスも無しに本を読んで過ごしましたが、夜の停電は辛かったっす(>_<)

暗闇の中、懐中電灯の明かりでは本を読む気にはなれず。
携帯メールをし終えてから、暇な時間が…。

思考を変えて、ベランダで星を眺めながら&月見。

娘も付き合ってくれて、寒いながらも、ちょっとしたキャンプ気分を味わいました(^_-)-☆

息子は友人達と、夜の街中の冒険ツアーに出かけていました。

でも、停電中は水が使えなくトイレに入れないのは不便でした。

次に、首都高。

自分と妻の実家に顔を出してきました。

ガソリンが入手しにくいことから、電車で行くか車で行くか迷いましたが、重い荷物もあったので、車でGo。

首都高・湾岸線は、ほぼ全線で通常通行できましたが、驚きの状態でした。

車が殆ど走っていない…。

こんなに空いている首都高を走ったのは、初めてだったかもしれません。

また、夜間の照明の少なさに感心しました。

当初は暗い印象を持ちましたが、走行には特段の不便は無し。

いかに普段は無駄な明かりの中を走っていたのかを、実感してしまいました。

計画停電にしろ首都高にしろ、共通するWordは「節約」。

電気もガソリンもこの非常時には、とても大切なもの。

京都に戻ってからも、節約を心掛けていきたいと思います。
 
スポンサーサイト
まいど、セリです。
 
京都から浦安に帰宅をして、地震の爪痕に驚くばかり。
 
液状化現象が至るところで起きていました。
 
 
市内には、未だにガス・上下水道が使えない地区が多数ある状況です。
 
東北地方の被害に隠れてしまっていますが、埋立地のもろさを実感しました。
 
当分の間、浦安では住宅の買い控えがあるのでと思います。
 
とても高い不動産価格なのに、震災に弱い町であることが露見してしまいましたので…。
 
海に近いエリアでは新築マンションを販売中でしたが、タイミングが悪すぎですね。
 
街の完全復旧には、まだまだ時間がかかりそうです。
 
 
まいど、セリです。

生命保険協会は昨日、東日本大震災の被災者について、加盟する47社※が災害関係特約の保険金や給付金を全額支払うと発表しました。
(※災害関係特約を扱う会社は45社)

災害関係特約については、地震の際は保険金を減額したり支払わなかったりできる免責条項がありますが、今回は適用せず、保険金を全額支払うものです。

被災地の皆様にとっては、とても心強い素晴らしい措置です。

今回の震災では多大な被害が予想されますが、支払いは可能と判断したようです。
しかし別の言い方をすれば、阪神大震災の時と同様に、今回も全社同一の対応をせざるを得なかったというのが、生命保険会社各社の本音ではないでしょうか。

なぜならば、一社だけが免責条項を実行した場合には、その会社は「経営状況が厳しいのでは?」と世間からレッテルを貼られてしまう事になりかねませんので。

ただ、今後新たな地震も予測されています。
生命保険会社は、いつまで同様の対応ができるのでしょうか…。

生命保険会社各社の、これからの経営努力に期待です。

では、また(^_^.)
 
まいど、セリです。
 
木曜・金曜日と振替休日をとり、明日夕刻に念願の帰郷をすることになりました。
 
ガス缶、電池、カップ麺、非常灯、ミニライト等を鞄につめて、いざ我が家へ!
 
と言いたいのですが、腰が痛い(>_<)
ギックリ腰気味っす
 
今晩は仕事を早めに切り上げ、行きつけの接骨院へ。
 
念入りに腰をマッサージしてもらい、電気をあててきました。
 
先生ありがと。
お陰で随分と楽になりました。
 
東京駅から電車が動いていないことも想定できるために、徒歩も覚悟してます。
 
無事に家に着くまで、腰よガンバレ
 
 
東北関東大震災。
国内観測史上最大M9.0。

岩手・盛岡で先生をしている日本生命時代の同期と連絡がとれません。
無事を祈ってます。

私は、先週金曜日に自宅のある千葉・浦安に戻るために16:00から京都駅で待機するも新幹線が動かず…。

その後、勤務先から東日本への出張禁止令がでて、京都で週末をすごしました。

携帯に入ってくる、浦安市の緊急時メルマガと妻からの連絡で、状況の把握はできたのですが気がきではありません。

そんな中、京都は普段と何ら変わらない生活です。

同じ日本なのに、食べ物も水も不自由無く手に入ります。

ただ、妻から頼まれてスーパー2件、100円ショップ3件、コンビニ2件回って手に入らなかったものが。

懐中電灯と単一電池です。

単ニ電池と非常灯はなんとか確保できましたが…。

店員さんが言ってましたが、「計画停電がある子供の所に送る」といった方が多かったようです。

こんな状況を目の当たりにすると、一日も早く家族に会いたい。

自宅に帰りたいです。
 

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。