FC2ブログ

 

“セリ”つぶやきブログ♪
日々の生活で感じたことを勝手につぶやいています (^^) v
http://lify.blog89.fc2.com/

 

まいどセリです!


明日は久々に大阪へ出張です。 B型肝炎・C型肝炎でご相談をいただいていたお客さま二人からの嬉しい保険申込です。ありがとうございますm(__)m  帰りに美味しいたこ焼きを食べれたらいいな(^o^;


さて先週は、銀行窓販全面解禁についてコメントしましたが、今日は「簡易保険の民営化(郵政民営化)」を取り上げてみたいと思います。


小泉元首相が郵政民営化を積極推進し、族議員の反対を乗り越え、この10月1日に「かんぽ生命」が誕生しました。今まで民間首位をキープしてきた「日本生命」よりも巨大な民間生命保険会社が誕生したわけです。


新組織になる前はニュースで大きく取り上げられていましたが、最近は少々鳴りをひそめている感があります。


「かんぽ生命」誕生前から不適切な募集が次々と発覚し、窓口運営業務を担当する「郵便局会社」ではコンプライアンスや商品知識の研修が日々行われています。「かんぽ生命」は、郵便局窓口を今後も主要な販売チャネルと位置付けており、販売てこ入れを図っているようです。


しかし、日本経済新聞でも取り上げられていましたが、「郵便局会社」は体制が整い次第、代理店として「かんぽ生命」以外の民間生命保険会社の商品も販売予定です。


関連記事:郵便局会社 簡保販売で新人教育 学校開設、かんぽ生命と連携http://www.lify.jp/contents/topics_summary.php?id=253


私が掴んだオフレコ情報(確実な情報ではありませんが・・・)によると、販売時期は早くて年明け、取り扱う保険会社はまだ最終確定してない様ですが、N社・MY社・S社・A社・I社+3社位の保険会社を取り扱うみたいです。


保険会社各社の熾烈な攻防戦が、繰り広げられている姿が目に浮かびます。


ここでまず一言。


国営保険会社が、民営化したとたん「保険代理店」になっちゃっていのでしょうか?


「かんぽ生命」の7割以上を占める養老保険の満期金を、他の保険会社に切り替えることにより、「日本郵政グループ」での手数料収入増加を狙うのでしょうか?


グループで養老保険を販売すると「運用リスク」をかかえてしまいますが、「手数料収入」は運用リスクが一切ありませんので(@_<) 週刊誌にも取り上げられていましたが、「郵便局会社」は投資信託の販売も積極的に行なっているようです。きっと同じ理由だと思います。


さらにもう一言。


今後、保険会社は「銀行」「日本郵政グループ」を主要マーケットと捕らえて大量の人員を投入していくはずです。自社の営業職員(歩合制職員)を駆使した「直販営業」の販売チャネルは過去の物になっていく気がして仕方ありません。


過去、日本社で拠点長として20名の女性営業職員と一緒に汗を流しながら頑張っていた自分としては少々寂しい気もしますが、これも、時代の流れかもしれません(T_T)


ただ、どんな時代が訪れようとも、私たち(保険代理店ライフィ)は、今まで通り「お客様のお役に立てる保険」を保険会社25社の中からお選びし、中立的な立場でご提案していくつもりです。


これからもライフィを応援下さいm(__)m


ではまた!頑張るぞ!!


 

スポンサーサイト



 
 

Comment


秘密にする

Seri

Author:Seri
大学卒業してから20年以上、保険屋やってまーす♪


-天気予報コム- -FC2-

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 “セリ”つぶやきブログ♪, all rights reserved.